自動車税の基礎知識【車の税金一覧】

自動車税を払う時期が車買い替えのタイミング!

車 税金

自動車にかかる税金とは?

車を所有し走らせるには、そのための税金を納めなければなりません。

 

まず、クルマを購入する場合には自動車取得税と消費税が課せられます。

 

自動車取得税は、そのクルマの購入価格に対して課税されるもので、自家用車では5%、営業車と軽自動車は3%です。

 

ただし、新車を購入する場合は、ディーラーで表示している車両本体価格の90%が課税対象価格となります。

 

また、車両価格が50万円以下の車には自動車取得税はかかりません。

 

車を保有しているだけで課せられる税金には、自動車重量税自動車税・軽自動車税があります。

自動車重量税

自動車重量税はその名の通り車の重さで決められる税金です。

 

税額は年ごとの算出ですが、納税は車検時に有効期間分を前払いします。

 

自動車税は、毎年4月1日の時点で軽自動車、二輪車以外の自動車を所有している人に課せられます。

 

乗用車はエンジンの排気量によって税額が定められており、納税済みの場合、年度途中で廃車したり他の都道府県へ移転した場合には、月割り計算で翌月分から年度末までの分が返還されます。

 

逆に購入の場合は、翌月分から年度末までの分を購入時に納税しなければならないこともあります。

 

地方自治体で低公害車に対し自動車税の低減や低利融資といった優遇措置を取る動きが広まりつつあります。

 

例えば東京都の場合、一定の排出ガス基準を満たしたクルマは2000年度以降の自動車税を3年間で3割、ハイブリッド車や電気自動車など低公害車は5割低減する制度があります。

 

また、クルマの燃費効率によって自動車諸税を増減額するグリーン税制も導入されています。

 

今後も環境に配慮した新しい税制が取り入れられることになるでしょう。

 

軽自動車税は4月1日時点の二輪車および軽自動車の所有者が納める同様の税金です。

 

ただしこちらは、納税期限は各地方で若干異なり、また月割り制度がないためクルマの購入時に支払ったり年度途中で手放したときに払い戻されたりすることはありません。

 

自動車ニュース

 

自動車関連お役立ちリンク

自動車税の基礎知識【車の税金一覧】エントリー